社内調査

同業種のライバル会社が今どういう商品を開発しているのか?それをいつ売り出すのか?などを調査して、それに対して先手を打たれてしまう事があり、そのような情報は社内から流出する事が多いです。 新商品の販売価格・新技術・など貴社が市場に販売する前にライバル会社は貴社の情報・新技術を使い市場に参入する恐れがあります。

個人の情報等は、業界では高額で売り買いされています。外部の人間はもちろん、社内の人間までが情報を漏らすケースがあります。 個人情報は一旦外部に流出してしまうと、あらゆる方法で世の中に広がります。情報流出は個人情報を管理している会社の責任であり問題が生じれば会社に莫大なダメージを与えます。

派閥闘争での相手の情報を手に入れることで、立場的に有利になり、会社の経営や人事等までが、思うままにされてしまいます。 ライバルの不正行為やスキャンダル等を利用し役員や管理職から失墜させるケースもあります。

社内のコンプライアンスは社内だけでは管理するのは難しいです。 管理する立場の人間に不正を働く人物がいるなど、一見真面目そうで絶対に大丈夫だと思っていた人物が不正を働くケースが多々あります。 問題が起こる前に対処するのが得策であり常識です。 社内の不正行為は社外の専門家に任せるのが一番です。 社内調査は個人信用調査のエキスパートのVICE RESEARCH(ヴァイスリサーチ)にお任せ下さい。

社内の機密情報などが漏れている場合は担当者の不正や盗聴・盗撮などが多いです。 「盗聴されているかもしれない」と思ったら、VICE RESEARCH(ヴァイスリサーチ)にお任せ下さい。 社内調査サービスは、全国営業所にいる長年の経験を持つロフェッショナルの調査員がお客様の問題を的確に解決いたします。 さらに他社では真似のできないようなサービスも充実させております。最新の機材を使って的確な調査を実行致します。 調査員への秘密厳守の教育を徹底させお客様の社内調査に関するごプライバシーを守ります。 弊社では調査料金を明確にすることで調査前のご依頼者様の不安をなくします。 弊社の社内調査料金は、最初に提示した料金以外に追加料金などを頂くことは一切ありません。盗聴器の撤去費用は、かかりません。